美容室のシャンプーで隅々まで汚れを落とす

まずあなたが自宅で使用しているシャンプーと美容室で使用しているシャンプーとでは種類が違います。
美容室で使用しているシャンプーは、かなり髪や地肌に優しい、低刺激のものを使用しています。
そのため日頃使用しているシャンプーは、洗浄力が強すぎて、髪を綺麗にするつもりが、逆に髪を傷めてしまっている可能性があります。

シャンプーの仕方が違う

そしてシャンプーも自分でするのと、美容師さんにしてもらうのとでは全然違います。
美容師さんはプロなので当然ですが、正しいシャンプーの仕方で髪を洗ってくれます。
そして頭皮のマッサージも一緒にしてくれるので、ただでさえ品質がいいシャンプーがさらにその効果を発揮しやすい環境なのです。
対して、シャンプーの質が悪く、シャンプーの方法が間違っている場合は、あなた自身の手で髪を痛めつけてしまっているのです。

一度自分のシャンプーのやり方に不安がある場合は、美容師さんに相談し、正しい方法を教えてもらうといいでしょう。

美容室のシャンプーには癒しの効果がある

美容室でシャンプーをしてもらうと、眠たくなるぐらい気持ちがいいですよね。
自宅であの気持ちよさを再現したいと思っても難しいのが現状です。

美容師さんの技術がすごい

まずシャンプーにも、美容師さんの技術が詰まっているのです。
美容師さんが美容師になって始めに覚える技術がシャンプーです。
頭皮の汚れをしっかりと落とし、頭皮を優しくマッサージをする事で、血流の流れをよくして、毛根を元気にさせます。
ヘアカラーやパーマをすると髪が傷んでしまったり、シャンプーをするとヘアカラーやパーマが落ちてしまう事があります。
しかし、美容師さんのシャンプーの技術があれば、傷んだ髪は回復し、ヘアカラーやパーマも落とさず日持ちするのです。

他人の手だから気持ちがいい

ではシャンプーの技術が備わっている美容師さんが自分自身の髪をシャンプーした場合でも気持ちよくなるのか?
というと、残念ながら自分の手で自分の髪を洗っても、他人が洗ってくれるように気持ちよくなることはないようです。
つまりシャンプーの技術だけでなく、他人の手で洗ってもらうという行為が気持ちよさにつながっているのです。
練習や他人に洗ってもらう気持ちよさを求めて、美容師さん同士で髪を洗いっこする事も珍しくないようです。

美容室でヘアカラーをした方が綺麗に染まる

市販されているカラーリング剤と、美容室で使用するカラーリング剤とではその内容が全然違います。
美容室の方がカラーの色の種類が豊富なので、自分が染めたい色に染める事が可能です。
そしてプロが扱うため、カラーリング剤の効果が強いのです。
なので、市販で自宅で染めるよりも、キレイは発色が出て、長持ちするという利点があります。
しかしカラーリング剤の効果が強いと、その分美容室のヘアカラーの方が髪が傷んでしまうのでは?
そんなふうに思うかもしれませんが、実際に髪が傷むのは市販のカラーリング剤の方です。
美容室では、髪が傷まないようにしっかりヘアケアも同時に行ってくれます。

伸びた部分の髪をカラーリング

一度染めた髪は、髪が伸びると根元から黒くなってしまいます。
そしてそのカラーリングをキープしたいのであれば、また伸びてきた部分をカラーリングする必要があります。
全体をカラーリングするのではなく、伸びた部分だけをカラーリングする場合、綺麗に染めるにはかなりの技術が必要です。
なかなか自宅で自分でカラーリングする時には伸びた部分だけカラーリングするのは難しいと言えるでしょう。
しかしかといって、全体をもう一度カラーリングしてしまうと、すでにカラーリングされている部分の色が上手く出ない場合があります。

市販のカラーリング剤について

最近はいろんな種類の市販のカラーリング剤が発売されています。
1000円以下の商品で、自宅で手軽にカラーリングする事が出来るのは確かに魅力です。
では市販のカラーリング剤のメリットとデメリットについて紹介したいと思います。

市販のカラーリング剤のメリット

まず値段の安さです。
美容室でヘアカラーをする場合は5000円前後の料金がかかってしまいます。
市販のカラーリング剤なら1000円未満です。
そして美容室では施術に時間がかかり、待ち時間が長く感じるでしょう。
対して自宅でする場合は、待ち時間にはTVを見たり、パソコンをしたりと寛ぎながら待つ事が出来ます。

市販のカラーリング剤のデメリット

しかしメリットだけでなくデメリットもあります。
デメリットはやはり美容室でヘアカラーするみたいに綺麗に染まらないという点です。
やはりカラーリング剤を塗る時に、色ムラが出来てしまいます。
またカラーリング剤自体が染色効果が弱いので、効果が持続しません。
あと、髪が傷んでしまうというデメリットもあるため、時間とお金がかかっても美容室でカラーリングしてもらう人が多いのです。

またカラーリングは瞳の色や肌の色によって似合う色と似合わない色があります。
そんなアドバイスをしてもらえる美容室の方が自分にぴったりの色が見つかる可能性が高いでしょう。

縮毛矯正で髪のコンプレックスを解消する

クセ毛がコンプレックスだという人も少なくないでしょう。
髪が広がってしまって、スタイリングが決まらなかったり、湿気が多い日にはもう何をやっても決まらない。
クセ毛で似合う髪型が見つからないと悩んでいる人は一度美容室で美容師さんに相談をしてみるといいでしょう。

縮毛矯正でサラサラのストレート

美容室で縮毛矯正をすると、どんな頑固なクセ毛でもサラサラのストレートになる事が出来ます。
やはりクセ毛の人はサラサラのストレートへの憧れが強いですよね。
ストレートの髪をロングに伸ばしたり、広がらないからスッキリとショートカットにしても素敵かもしれません。
今までクセ毛を気にしてチャレンジ出来なかったヘアスタイルにも、この機会にいろいろチャレンジしてみるといいでしょう。

クセ毛を生かすヘアスタイル

また縮毛矯正するのではなく、逆にクセ毛を生かすヘアスタイルもあります。
ゆるくパーマをかけてクセ毛で動きを出すと、可愛く仕上がります。
隠すのではなく、どんどん見せていく事で、コンプレックスを解消出来たらいいですよね。

縮毛矯正で憧れのストレートヘアにする

美容室で縮毛矯正をすると、クセ毛が綺麗なストレートの髪になります。
どうしてそんな事が可能なのか不思議ですよね。

髪が真っ直ぐになる理由

縮毛矯正をするとなぜ髪が真っ直ぐなストレートになるのか?というと髪が曲がってしまう原因を根本から取り除く事が出来るからです。
まず髪が曲がってしまう原因は髪の内部にあるシスチン結合が曲がってバラバラに結合してしまっているからです。
そのため専用の薬剤を使用し、バラバラの結合部分を正しく治すます。
そしてその治った状態がキープされるように、高温のヘアアイロンで薬剤を固定させるのです。
曲がっている状態が正しく治された状態でキープされるため、クセ毛がサラサラのストレートになるわけです。

縮毛矯正は髪が傷む

縮毛矯正は薬剤を使用する事、そして高温のヘアアイロンが髪に負担をかける事で、髪が傷んでしまうというイメージが強いかもしれません。
確かに以前は縮毛矯正はすごく髪が傷んでしまいました。
しかし最近の縮毛矯正は技術の進歩と髪にダメージの少ない薬剤の開発により、以前と比べると格段に髪へのダメージは減っています。

毎日クセ毛をなんとかするためにヘアドライヤー―を長時間髪に当てている状態よりも、縮毛矯正の方が髪が傷まないのではないでしょうか?