美容室でヘアカラーをした方が綺麗に染まる

市販されているカラーリング剤と、美容室で使用するカラーリング剤とではその内容が全然違います。
美容室の方がカラーの色の種類が豊富なので、自分が染めたい色に染める事が可能です。
そしてプロが扱うため、カラーリング剤の効果が強いのです。
なので、市販で自宅で染めるよりも、キレイは発色が出て、長持ちするという利点があります。
しかしカラーリング剤の効果が強いと、その分美容室のヘアカラーの方が髪が傷んでしまうのでは?
そんなふうに思うかもしれませんが、実際に髪が傷むのは市販のカラーリング剤の方です。
美容室では、髪が傷まないようにしっかりヘアケアも同時に行ってくれます。

伸びた部分の髪をカラーリング

一度染めた髪は、髪が伸びると根元から黒くなってしまいます。
そしてそのカラーリングをキープしたいのであれば、また伸びてきた部分をカラーリングする必要があります。
全体をカラーリングするのではなく、伸びた部分だけをカラーリングする場合、綺麗に染めるにはかなりの技術が必要です。
なかなか自宅で自分でカラーリングする時には伸びた部分だけカラーリングするのは難しいと言えるでしょう。
しかしかといって、全体をもう一度カラーリングしてしまうと、すでにカラーリングされている部分の色が上手く出ない場合があります。

市販のカラーリング剤について

最近はいろんな種類の市販のカラーリング剤が発売されています。
1000円以下の商品で、自宅で手軽にカラーリングする事が出来るのは確かに魅力です。
では市販のカラーリング剤のメリットとデメリットについて紹介したいと思います。

市販のカラーリング剤のメリット

まず値段の安さです。
美容室でヘアカラーをする場合は5000円前後の料金がかかってしまいます。
市販のカラーリング剤なら1000円未満です。
そして美容室では施術に時間がかかり、待ち時間が長く感じるでしょう。
対して自宅でする場合は、待ち時間にはTVを見たり、パソコンをしたりと寛ぎながら待つ事が出来ます。

市販のカラーリング剤のデメリット

しかしメリットだけでなくデメリットもあります。
デメリットはやはり美容室でヘアカラーするみたいに綺麗に染まらないという点です。
やはりカラーリング剤を塗る時に、色ムラが出来てしまいます。
またカラーリング剤自体が染色効果が弱いので、効果が持続しません。
あと、髪が傷んでしまうというデメリットもあるため、時間とお金がかかっても美容室でカラーリングしてもらう人が多いのです。

またカラーリングは瞳の色や肌の色によって似合う色と似合わない色があります。
そんなアドバイスをしてもらえる美容室の方が自分にぴったりの色が見つかる可能性が高いでしょう。